Top 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

10.サルサの歴史〜ON1の普及とClub ON2の誕生

こうしてサルサが誕生し
世界に普及していくとともに
サルサに合ったON1スタイルのダンスが
主流となっていきます

しかし、すでにボールルーム・スタイルのON2が
定着していたニューヨークでは
ON2でもサルサが踊りやすい改良版
クラブON2が生まれます

ここでエディ・トレスの登場です

高校生の頃、最愛のガールフレンドに
ダンス・パーティに誘われた踊れないエディは
彼女が次々と他の男たちと楽しそうに踊る姿を見て
くやしくて、くやしくて、たまりません

翌日から部屋にこもり、一人で
ダンスの特訓を始めました
毎日放課後は一人で練習です
やがて自信をつけたエディは
ダンス・パーティにデビューします
しかし我流のダンスが他人と違うことに気づきませんでした

ある日、ティト・プエンテのライヴで
踊っていたエディにティトが目をつけます

「君は、若いのになかなかON2がうまいねえ」
「え〜〜?ON2ってなんですか?」
「私のライヴの時にステージに上がって踊ってくれないか?」

エディは大スターのティト・プエンテ専属ダンサーとして
あっという間に有名になります

このエディーが勝手に考えた実戦向きON2スタイルが
クラブON2です
よりコンパクトな踊りは満員のクラブでも
踊りやすく、1をカウントすることで
サルサにも対応しやすい

やがてどんどん普及していき
ニューヨークの主流になっていきます

最近は世界中でON2ブームです
リズムの裏のりができるので
リズムのグルーブを感じやすく
長時間踊っても疲れないダンスです

一昨年エディ・トレスの来日で
DJさせてもらいましたが
ほんと、どこでも手抜きせず汗流して
一生懸命教える姿に誠意と愛情感じました

http://www.youtube.com/watch?v=0VtsFUoI3p0
(ニューヨーク・コングレスでのレッスン風景)
http://www.youtube.com/watch?v=DimToE_w4jk
(ON2の解説、しかしファッション・センスは???)