Top 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

3.アフロ・キューバン

400年にわたる奴隷制の中でも
黒人たちはアフリカの文化を忘れませんでした
密かに集まって
アフリカの打楽器をたたき、アフリカの言葉で歌い
踊り、祖国の神々を信仰しました

中でもサンテリアというヨルバ族のカルト宗教は
今でも受け継がれています

サルサのタイトルや歌詞に良く出てくる
オバタラ、チャンゴー、エレグア、オチュンなんかは
その神様たちの名前です
よく出てくるので覚えといてください

そんな中で主流となった音楽と踊りがルンバです
打楽器と歌のみで演奏されます
http://www.youtube.com/watch?v=6Fp6GN_Fjas&mode=related&search=

http://www.youtube.com/watch?v=UtK3xguwDrY&mode=related&search=
ルンバの踊りは3種類
グァグァンコー、コルンビア、ヤンブー

グァグァンコ−(ワワンコー)は、
男性がすきをみて精子を飛ばし
それを女性がハンカチを股間に当てて跳ね返すという
男女の求愛の遊び
コルンビア(コロンビア)は
女性に男性の勇壮さを誇示するセックスアピールの踊り
ヤンブーは、老人の動きをまねるコミカルな踊りです

ルンバは、LA,NY,Cubanに関わらず
サルサの基本的エッセンスです
サルサ・ダンサーのみなさんは
これを習得しないとムーヴメントがかっこ良くなりません
今たぶんRYOKO&RYUさんも
キューバで勉強中だと思います

村上龍の映画「KYOKO」で主演の高岡早紀が
見事に踊り分けています
感心のある方はレンタル屋で借りてみてください

ハバナの外人向けのショー・ビジネスとは別に
こういう伝統が受け継がれていました

話は変わりますが
わずかに残ったスペインの植民地
キューバとプエルト・リコでも
独立運動や暴動が頻発しだします
そこへ目をつけたのが
いち早くイギリスから独立し、経済力、軍事力を蓄えた
アメリカでした
当時すでにアメリカのGNPはイギリスの2倍になってました
1898年アメリカはキューバ独立支援という名目で
キューバに侵攻します
これが米西戦争です

プエルト・リコはアメリカの自治領に
キューバは名目上独立しましたが
実質アメリカの統治下におかれました

ここから、キューバの音楽がアメリカに
さらに世界に広がっていきます

つづく